ポジブログ。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ペインターズキルンmini 販売開始します。

0

    こんにちは。秋になりましたね、台風が暑い夏を吹き飛ばしてしまったようです。

     

    さて、テストを続けていた小型電気炉ですが、スタジオポジでの販売を開始いたします。

    価格は本体価格¥120,000(税別)です。

     

    重さは20キロ弱ですので、大人の男性ならば問題なく、かかえて運べます。

    電源は家庭用電源100Vの13Aです。普通のコンセントで使用可能です。

    加熱中でも、外側はさほど高熱になりません。

     

    外寸はW430D430H480と、かなりコンパクト。

    炉内寸法は、W200D200H150です。180角の棚板が一枚付属しています。

     

     

    入力済みのプログラムが5つ入っています。また、5つまで、自作のプログラムが入力できます。

    自作プログラムは6ステップ入力できますので、ほぼプロ仕様です。

     

    このキルンでは、著書「フュージングをはじめよう」内の制作物ほとんどを制作できます。

     

    ご希望の方はメール等でご連絡ください。また、検討されている方も質問などお気軽にご連絡ください。

    バックアップします。

     

     

     

    工房 | permalink | comments(0) | - | - | -

    New Kiln test 09

    0

      こんにちは。

       

      まだ日中は暑い時間がありますが、朝晩はかなり過ごしやすくなってきましたねー。

      ナシがおいしい時期です。うちの近くには、いくつもナシ園の直売所があって、時期によって

      出ているナシの品種が違うんですよね。6種類くらいは、夏の終わりから秋まで

      楽しめるそうです。今は豊水かな。

       

      さて、前回窯入れした再構成パネルが出てきました。

       

      焼成前とはかなりイメージが変化していて、とても興味深いものになりました。

       

      6ミリ厚なら、横に並べただけでも、ちゃんと熔着してくれます。

      形は曖昧ですけどね。

       

      変色などが不規則に入って、新しいパターンを探るには楽しい手法です。

       

      さて、次は何を入れよう・・

      工房 | permalink | comments(0) | - | - | -

      New Kiln test 08

      0

        こんにちは。

         

        テスト、というよりもこの小さなキルンの小回りがいい感じを楽しんでます。

         

        今回は、先日焼成したこのパネルを使います。

         

        これを、切ります。2儚僂任垢諭

         

        ガラスカッターとランニングプライヤーで、パカパカと割っていきます。

        このすき間に違う色入れても面白そう。

         

        断面から見るのフュージングパネルも、とても美しいのですよね。

         

        2儚僂離圈璽垢鯀箸濆腓錣擦討います。棚板に乗せてフルフュージングしてみます。

         

        焼成した板を再構成する方法は、板が厚かったりして切りにくいですが、

        切り方に慣れれば、こんなモザイク要素を取り入れることができます。

         

        では、窯出しまでお待ちを。

         

         

        工房 | permalink | comments(0) | - | - | -

        New Kiln test 07

        0

          こんにちは。

          台風一過、暑いですが湿気が減ってますね。やっぱり秋はきてますね。

           

          さて、キルンテスト続いてます。

          今回は、これに泡を入れます。クリアとホワイトとスチールブルーのレイアウトです。

          ちょっとトリッキーですが、基本的な泡の作り方と同じです。

           

          使うのはストリンガーのクリア。間に挟み込みます。

           

          上に載せる板も複数なので、ストリンガーは下に直接レイアウト。

           

          棚板より少し小さめの16儚僂任后I2僂離好肇薀ぅ廖2昌澆瓩靴董△靴个蕕

          してから窯入れしました。すっごく動くんですよ、これ。

           

          今までと同じフルフュージングプログラムを使って焼成しました。

          全面に細かな泡が並んでます。泡は綺麗な表情してますよね。

           

          この作り方、板の切り替え部分には泡が入りません。下から逃げちゃうんでしょうか。

          上手く並べれば規則性を使った面白い泡が作れます。

           

          ではまたー。

           

           

          工房 | permalink | comments(0) | - | - | -

          New Kiln test 07

          0

            こんにちは。

            台風一過、暑いですが湿気が減ってますね。やっぱり秋はきてますね。

             

            さて、キルンテスト続いてます。

            今回は、これに泡を入れます。クリアとホワイトとスチールブルーのレイアウトです。

            ちょっとトリッキーですが、基本的な泡の作り方と同じです。

             

            使うのはストリンガーのクリア。間に挟み込みます。

             

            上に載せる板も複数なので、ストリンガーは下に直接レイアウト。

             

            棚板より少し小さめの16儚僂任后I2僂離好肇薀ぅ廖2昌澆瓩靴董△靴个蕕

            してから窯入れしました。すっごく動くんですよ、これ。

             

            今までと同じフルフュージングプログラムを使って焼成しました。

            全面に細かな泡が並んでます。泡は綺麗な表情してますよね。

             

            この作り方、板の切り替え部分には泡が入りません。下から逃げちゃうんでしょうか。

            上手く並べれば規則性を使った面白い泡が作れます。

             

            ではまたー。

             

             

            工房 | permalink | comments(0) | - | - | -